つくば 借金解決 無料相談

MENU

つくばで借金解決の無料相談ならこちら

つくばで借金解決の無料相談ならこちらから。

 

つくばで借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

下にあるフォームでは簡単な質問に答えていくだけでつくば近くの無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

 

つくばで借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上にあるフォームを使ってあなたの状況にぴったりな弁護士事務所を探してみて下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をしてつくばで借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

もし、実際に債務整理を行うのであれば、その道の専門家である弁護士や司法書士に依頼しなければなりません。

当然ですが、依頼するのであれば費用がかかるので、そんな金銭的余裕はないと思っている方も多いようです。

ですが、実際のところ、こうした弁護士や司法書士に払うお金は、債務整理後に分割払いなどで払うことが可能です。

弁護士に依頼したその時に請求される、というようなことは、まずありえませんから、気軽に問い合わせてみると良いでしょう。

債務整理の際の注意点ですが、個人事業主が個人再生をした場合は、現金化されていない売掛金があると、それは資産として扱われることになるでしょう。

仮に借金の総額が1000万円ならば、個人再生を行うと、借金の総額を5分の1の200万円にすることが可能です。

しかし、仮に100万円の売掛金があると、この5分の1の20万円分をプラスした合わせて220万円を返済しなければならないでしょう。

もし、債務整理を行っても、身内の人が辛い思いをする点については、心配いりません。

本人以外の家族が持っている財産はそのままで大丈夫ですし、銀行のローンや借入ができなくなることは、まずないでしょう。

でも、家族の中に、債務者の保証人として名前を貸している人がいれば、こういう訳にはいかないでしょう。

この場合は、家族が本人の債務を負うことになるため、家族が苦しい思いをすることになります。


個人が債務整理を行った際には、金融機関の個人信用情報データベースにその記録が記載されることは免れません。

その事実は時々、就職や転職に響いてくることもあります。

例えば金融業界など、個人信用情報を閲覧できる会社に就職を希望している場合は、少々不利かもしれません。

どんなに努力して返済したとしても債務整理の記録があれば、残念ながらそれがネックになり、不採用につながる可能性が高いです。

採用する側も全員の信用情報をチェックしているかどうかはわかりませんし、自分の手に負える話ではありません。

個人再生や自己破産、任意整理といった債務整理の手続きは、自ら手続きすることも可能です。

しかし、手法としては現実味がありません。

債権者との交渉が主体となる任意整理では、個人の話で債権者が納得するわけがないですし、個人再生のように判断が裁判所に委ねられているものは、必要書類を自分で書き起こすわけですが、未経験者にできるものではありません。

手続きの点では個人再生より自己破産のほうがもっと大変でしょう。

債務整理というのは結局のところ、弁護士などの専門家を頼るのがもっとも確実です。

ローンを返済中の自動車や住宅などの資産は、ローンの名義人が自己破産ということになると、返済途中のローンは解約となり、返済のためにマイホームもマイカーも売却しなければなりません。

ただ、債務整理といっても自己破産以外はそういったローンの契約は継続し、今まで通り支払う必要があります。

返済のために売却する必要もなく、強制されることもありません。


親戚や友人がしている借金の保証人になっている場合は、もし債権者からの取立てがあっても支払いを拒否して債務者の方に行ってもらえばOKです。

ところが、自己破産や個人再生による債務整理を行った債務者が支払いの一部または全部を放棄したとなると、返済されていない分の取立てが債権者から保証人に対して始まります。

この場合、保証人は応じなければならないのですが、債権者とすり合わせを行って支払いを分割にしてもらう事はできます。

一口に債務整理と言っても、借金を整理するためには方法の選択肢があります。

元金は払えるので延滞損害金や利息のカットだけを希望するのか、それとも元金の減額が必要なのか、金額以前に返済を続ける事がもはやできないのか。

個々の状況次第で妥当な方法も違ってきます。

自力で手続きしようと思えばできますが、心もとなく思うようなら弁護士や司法書士といった専門家にアドバイスを受けるといいでしょう。

借入がかさみ、返済はもう無理だとなったら出番となるのが債務整理です。

大概は債務者から債権者に対して利息の減免や返済計画の再検討について協議を求める事を言います。

けれども、プロを相手取るわけですから、初心者の債務者が単独交渉で成果を出すのは極めて困難です。

仲立ちを弁護士など専門家に依頼するというのが普通でしょう。