鶴ヶ島 借金解決 無料相談

MENU

鶴ヶ島で借金解決の無料相談ならこちら

鶴ヶ島で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

鶴ヶ島で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

下にあるフォームでは簡単な質問に答えていくだけで鶴ヶ島近くの無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

 

鶴ヶ島で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上にあるフォームを使ってあなたの状況にぴったりな弁護士事務所を探してみて下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして鶴ヶ島で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

過去の返済時に過払い金が発生していた場合は、債務整理の必要がなくなるかもしれません。

簡単に説明すると、過払い金は借金の返済の際に余分に払った利息のことです。

最近までグレーゾーン金利でお金を貸していた業者が多かったので、借りた人は法定外の利息の付いたお金を返済していたことになります。

これが過払い金と呼ばれるものです。

これを返還してもらえば、今ある借金を返せるかもしれません。

債務整理をすると、本人はブラックになり金融関係のサービスに制限がかかりますが、周りの家族に悪影響が出る可能性は低いです。

家族名義の財産が没収されたり、銀行のローンや借入ができなくなることは絶対にありませんから安心してください。

とはいえ、債務の保証人が家族になっている場合は、この限りではありません。

こういったケースでは、保証人になっている家族が債務者の返済義務をすべて負うことになりますから、注意してください。

一般的に、債務整理をしたら信用情報機関に、金融事故としてこの情報が残ってしまうはずです。

具体的には「ブラックリスト」に名前が載ってしまいますから、しばらくは審査が必要な金融機関のサービスを受けることが難しくなることを覚悟してください。

ちなみに、債務整理をすると情報が消えるまで5年は必要になります。


債務整理全般に共通することですが、手続き開始後は債権者による取り立てはもちろん連絡行為なども行ってはいけないことになっています。

ですが、こうした期間中にもかかわらず、任意整理の際は訴訟に踏み切られるケースもあります。

もともと任意整理は裁判所を通さない交渉なのですが、金融機関は返済を要求する権利があるので、債務整理の手続き中であろうと、提訴を止める理由にはなりません。

任意整理の手続きを始めると、一部の消費者金融など、すぐ裁判所に訴え出る会社もあります。

意図は様々ですが、債務を抱えている方としてはたまりません。

遺産相続の際などに本来限定承認すべきところを単純承認で相続すると、資産より負債のほうが多いときはいきなり借金の返済が相続人にふりかかってきます。

もっとも、打つ手がないわけではありません。

債務整理を行うのです。

債務整理というと自己破産を連想する人がいますが、通常行われるのは任意整理で、裁判所の決定を待つのではなく、弁護士等を通じて債務そのものはなくせなくても減額できるよう、債権者にお願いするのです。

無用の面倒を背負い込まないよう、相続時は負の部分も考慮しなければいけません。

任意整理では比較的よく聞く話ですが、手続き開始から債権者と和解に至るまで、依頼した弁護士事務所の口座などに積立金をするといったケースがあります。

これは弁護士への報酬の支払いが主な目的です。

任意整理を開始すると対象となる債権者あての返済がいったんなくなりますから、浮いた分を積み立てておき、和解手続きが終了したあとの司法書士や弁護士等への報酬の支払いにあてます。

余れば返済に回すので無駄もありません。


昔は出資法に依拠して、利息制限法を凌ぐ利率での貸付が日常茶飯事でした。

利息制限法の上限から出資法の上限の間の利率での貸付をグレーゾーン金利と呼びます。

今現在は金利が利息制限法の上限を超えていると違法な貸付です。

すなわち、借金がグレーゾーン金利で行われていた場合、債務整理を行えば実際には払う必要のなかった利息が返還されることがあります。

それがイコール過払い金請求です。

債務整理を家族に気づかれずに行うには方法によってその難易度が変わってきます。

仮に任意整理をするならその手続きを全て自分でやろうとさえしなかったら滅多に家族にはばれないでしょう。

しかしながら、個人再生や自己破産の場合は、 その手続きの際に世帯収入や資産を公開する必要があるため、知られずにいるのは厳しいでしょう。

なお、職場に関しては、どんな方法で債務整理を行おうと隠しておけます。

大抵、債務整理イコールブラックリスト入りと思われる方が多いですが、債務整理の中で過払い金請求はただ一つブラック入りすることのない方法です。

通常は払わなくても良かった利息の分が戻ってくるだけですから、それで完済という結果になったなら事故ではないと理解されるのです。

とは言え、過払い分が生じていたが金利を引き直してなお残債があれば、ブラック入りしてしまいます。