和歌山 借金解決 無料相談

MENU

和歌山で借金解決の無料相談ならこちら

和歌山で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

和歌山で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら和歌山にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

和歌山で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして和歌山で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

債務整理によって家族が不利益を被るのではと心配する人は多いです。

でも、債務整理で本人以外の身内が不利益を被ることはないです。

家族が所有する財産も債務整理の対象になったり、金融機関でローン審査をパスできなくなるなどという心配はありません。

とはいえ、もし保証人が家族の名義になっている場合は、全く事情が異なります。

こういったケースでは、保証人になっている家族が債務者の返済義務をすべて負うことになりますから、家族が苦しい思いをすることになります。

増えすぎた借金を債務整理で清算すると、今お持ちのクレジットカードが更新できない可能性があります。

債務整理をすると、信用情報機関にブラックとして登録され、クレジット会社がこの情報を参照してしまうというわけです。

まだ有効期限を迎えていないのに、使えなくなるかもしれませんから、引き落としに使っているのなら、他の支払い方法に変えておく必要があります。

個人再生や自己破産などを含めた債務整理は、増えすぎた借金を整理するために重要な方法ですが、数ヶ月、長ければ半年ほどは手続きが続くことを覚悟しておいてください。

長い期間ですから、この間にお金を借りる必要が出てくるかもしれません。

ですが、新たな債務を抱えるような行動は避けてください。

新たな借金の事実が伝わってしまうと、裁判所での立場が悪くなって、弁護士が辞退したり、債務整理が失敗して支払義務だけが残るケースもあります。


弁護士なら債務整理は可能ですが、中には受け付けてもらえないケースがあります。

これまで債務整理を手がけたことがない司法書士や弁護士なら断る可能性はありますし、借金を作って自己破産という理由が免責不許可事由に当たるような場合が拒否の対象となりやすいです。

拒否理由が専門外ということでしたら、債務整理で実績を上げている弁護士や認定司法書士を探して依頼しましょう。

PCで検索もできますが、スマホを使えばプライバシーも保てる上、いつでも効率良く探せますし、費用などの目安もわかります。

混同している人も多いので説明しますと、弁護士以外に、認定司法書士なら債務整理の手続きをすることができます。

ただ、1債務あたりの金額が140万円以内の場合と規定されているため、これから交渉開始というときに延滞料などを含めた債務が140万円を超えた場合は、仮に139万円のときに依頼を受けていても、司法書士は交渉を手がけることはできなくなります。

そもそも計算が出来ていれば回避できる問題ですし、司法書士に債務整理の依頼を出す場合は債務計算は欠かせませんし、金額によっては時間も気にしなければいけません。

債務整理なら種類を問わず、司法書士や弁護士等からの受任通知が届いた時から、取立て、催促といった行為はいったん中止しなければなりません。

ですが、こうした期間中にもかかわらず、任意整理の際は債権者による訴訟に発展するケースもあるようです。

裁判所を通さずに交渉するのが任意整理ですが、貸主が返還訴訟を起こすのは妥当なことですし、その権利は法律で守られているため、止めることはできません。

すべてとは言いませんが、消費者金融の中には任意整理の介入通知を送ると決まって貸金の返済を求める訴訟を起こしてくる会社もあります。

意図は様々ですが、債務を抱えている方としてはたまりません。


債務整理を任意整理で行おうという人は、返済にあたって延滞金や将来利息をカットしてもらう事ができます。

ところが、元金を減額してもらおうとすると、かなり困難です。

担当が交渉力の卓越した弁護士や司法書士ならば減額の可能性も無きにしも非ずですが、元金の減額をよしとすれば債権者にとっては明白な損失なので、なかなか聞き入れないでしょう。

借金を整理する術として債務整理があるわけですが、その中でも方法を選ぶことができます。

延滞損害金や利息の減免のみを希望し元金は支払うつもりなのか、そうではなく元金を減らしてほしいのか、そもそも金額は関係なしに支払い自体続ける事が不可能なのか。

状況が人によりけりなので妥当な方法も違ってきます。

一人で手続きをしてもかまいませんが、心もとなく思うようなら知識の豊富な弁護士や司法書士の知恵を借りましょう。

返済に困って借金手続きの助言を求めるなら、弁護士や司法書士に対応してもらえる法律事務所です。

債務整理の依頼は弁護士も司法書士も引き受けることができるものの、任意整理や過払い金請求を司法書士に頼むには、その金額が140万円を超えていると請け負うことができないという縛りがあります。

合計140万円にはいかないということが確かな場合はいずれでもかまいませんが、額が大きくなることも否定できないとすれば手堅く弁護士に受けてもらいましょう。