横浜 借金解決 無料相談

MENU

横浜で借金解決の無料相談ならこちら

横浜で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

横浜で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

下にあるフォームでは簡単な質問に答えていくだけで横浜近くの無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

 

 

横浜で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上にあるフォームを使ってあなたの状況にぴったりな弁護士事務所を探してみて下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして横浜で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

もし、実際に債務整理を行うのであれば、弁護士や司法書士に債務整理の手続きをお願いしてください。

タダというわけにはいかないので、お金を用意できなければ依頼できないと諦めてしまう人もいるようです。

ですが、実際のところ、このようなお金は債務整理が完了した後に、分割払いなどで支払うことも可能です。

依頼をしたらすぐに支払わなければいけない、というわけではないので、まずは相談に行くことをおススメします。

簡単な手続きでお金を融資してくれるキャッシングはとても便利なものですが、計画的に使わなければなりません。

使い過ぎて借金が膨らめば、借金地獄に陥る可能性があります。

返済が不可能になった時に行ってほしいのが、債務整理なのです。

ご自身の状況に応じて最適な債務整理の方法を採ることで、減額が認められて、完済に向けて再スタートが切れます。

一口に債務整理と言っても、具体的には、任意整理や個人再生、自己破産、特定調停といった種類があります。

よく利用されるのが任意整理です。

手続きが簡易で裁判所を通さなくて済みますし、債務整理が長期化することがほとんどないのが魅力です。

任意整理を行うと、司法書士や弁護士が受任通知を出すため、暫定的ではありますが、取り立て行為を止めることができます。

その他の債務整理では、裁判所が関与するため、官報にも掲載されるでしょう。


取扱実績は最近では減っているものの、特定調停と言われる債務整理の手続きがあります。

債務が残っている借入先について、返済した額の中に過払い金額が一定量ある場合に選択できる手法です。

過払い金の返金が気になるでしょうが、過払い金の請求は特定調停ではできませんから、あとから別途、請求します。

一度に出来ないのがもどかしいですが、借入が残っているうちは過払い金を請求できず、返済して借金がゼロになった時点で行えるようになります。

個人再生や自己破産のように裁判所への申し立てを要する手段を債務整理時に選んだ場合は、債務者の代理人として司法書士を指定することはできません。

ですから司法書士は書類作成代理人としての業務と依頼者への手続きの指導を主に行うようになります。

申立や面談で裁判所に行くのも依頼者本人となり、行けば質問にも答えなくてはなりません。

自己破産のように債務が免除される場合は弁護士に委任しないことには、依頼者側がすることが多く、面倒なようです。

返済の催告を無視して裁判を起こされたり、既に訴状が届いている場合も、必要に応じて債務整理をすることはできます。

ただ、原則として可能なのは訴訟を起こした相手を対象とした任意整理で、相手に受任通知が届くことにより、訴訟を取り下げてくれることもあり、そうなれば差し押さえなどは回避することができます。

お互いに減額内容に納得して和解に至った場合は訴訟は取り下げになり、その後は和解交渉の結果に沿って返済するのです。


借金の原因がパチンコや競馬などギャンブルの場合も返済に困ったら債務整理をすることは不可能ではありません。

けれども、できるのは任意整理や個人再生といった支払総額は少なくできても返済の義務がなくなるわけではない方法だけです。

借金を全てなくせる自己破産にしてもギャンブルで作った借金については免責不許可事由に当てはまってしまい、もし破産を裁判所に申し立てても免責される見込みは少ないでしょう。

借金の返済が厳しく、債務整理を考慮に入れる場合にまず問題となるのが弁護士あるいは司法書士に頼むにしてもどこの担当者がいいかでしょう。

大半の事務所なら初回無料相談が受けられます。

担当者が安心して任せられる相手なのかどうか、無料相談ではっきりさせることが出来るはずです。

他にも、公的機関として法律に関する問題をサポートしている法テラスでも無料の相談対応が受けられます。

借金の整理がしたいのは山々だが所持しているクレジットカードを無くしたくなければ、債務整理の方法のうち任意整理なら引き続き持っていられる可能性もあります。

任意整理は任意の債権者を選定して整理が可能な制度のため、任意整理を行うのを残したいカード会社以外の債権者とする事で、カードはそのまま残ります。

とは言え、どうしても任意整理を行う以上、信用情報には事故記録が載ってしまいますから、それによってカードの更新の際に停止となることが見込まれます。