横浜 借金解決 無料相談

MENU

横浜で借金解決の無料相談ならこちら

横浜で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

横浜で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら横浜にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

横浜で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして横浜で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

普通、債務整理というと、特定調停や任意整理、あるいは自己破産や個人再生といった種類があります。

多くの人が、任意整理で借金を清算しますが、裁判所が関与しないので手続きが容易なこと、さらに完了するまで、あまり時間がかからないというのが、人気の理由でしょう。

弁護士などに依頼すれば、債権者に受任通知が送付されるので、取り立ての電話や手紙も止まります。

一方、個人再生や自己破産、または特定調停で債務整理を行うとなると、確実に裁判所を通さなければなりません。

キャッシングはお金がない時の助けになりますが、返済能力を超えた使い方は厳禁です。

使い過ぎて借金が多額になったら、返済も困難になります。

こうした非常事態には、債務整理が有効な手段となります。

債務整理をすれば、増えすぎた借金を法に則って処分できるので、返済を楽にできます。

実際に債務整理を行う際の注意点です。

これは借金地獄から抜け出すチャンスになるでしょう。

しかし、無事に解決するまで数ヶ月かかる場合があります。

長い期間ですから、この間にお金を借りる必要が出てくるかもしれません。

でも、この期間に再び借金をすることは厳禁です。

このような行動が明るみになってしまうと、更生する余地がないと裁判所が判決を下し、債務整理が失敗することもあります。


債務整理で悩んだ時、無償で相談できる窓口というのは、実はたくさんあります。

都道府県だけでなくもっと小さい市町村単位でも相談できる窓口がありますし、全国の消費生活センターや、消費者相談室、地域ごとの弁護士会、日本司法書士連合会、法テラスといった団体にも相談員が置かれて対応にあたっています。

一般の弁護士事務所においても同様の無料相談サービスを提供しているところが最近では増えていますし、相談を聞いてもらい、それからどうするか決めるというのも手です。

債務の返済に行き詰まり、任意整理か、さもなければ個人再生といった手段をとる場合、アパートや賃貸マンション等に居住している人なら、家賃やそれに付随する更新料なども考えておく必要があります。

自己破産以外は借金は残っていますから、あわせて継続的に払っていかなければいけない支出だからです。

手続きに着手してからでは訂正がききませんし、整理をお願いする時点で忘れずに、弁護士なり司法書士に話しておくと良いでしょう。

返済期日が過ぎて生じた遅延損害金やローンの金利は、債務整理の手続きをする弁護士(司法書士)から債務整理開始通知を債権者あてに送付し、通知が相手に届いた時点からカウントされなくなります。

依頼者にとっては大きなメリットですよね。

とはいえ実際に返済が不可能になってからその時点までの遅延損害金がかなり膨らんでいるケースも少なくありません。

債務整理の中でも任意整理を行っている最中でしたら交渉を行い、その延滞利息をカットするよう要請したほうが良いでしょう。


債務整理の委任を弁護士や司法書士にしたい時、支払うお金の調達が厳しそうなのでしたらまず法テラスへ行って相談してみましょう。

法テラスというのは法律に関する問題で困っている人を支援する公的機関です。

借金の問題については無料相談を実施していますし、収入の少ない方へは民事法律扶助制度による業務として、債務整理を弁護士または司法書士に依頼する際の経費を一時的に立て替えるという対応もしています。

出資法に基づき、昔は利息制限法の定めを上回る利率での貸付が当たり前に存在していました。

利息制限法の上限から出資法の上限の間の金利で行われる貸付がグレーゾーン金利と呼ばれるものです。

現代では利息制限法に定める上限以上の金利では法に背いていることになります。

つまり、グレーゾーン金利での借入をしていた人は、債務整理によって払い過ぎとなっていた利息の返還請求ができる場合があります。

これがすなわち過払い金請求です。

ご存知かもしれませんが、債務整理の一種として、債権者への支払いが済んだ借金の払った利息が不要に多ければ返還を請求してもよい「過払い金返還請求」という手があります。

過払い金返還請求に際しては、以前に借り入れをした金額が確認できるような取引履歴の書類がなくてはいけません。

取引履歴を点検することで、本来の利息額を割り出せますから、払う必要のなかった利息の還付が受けられるでしょう。