横浜 借金解決 無料相談

MENU

横浜で借金解決の無料相談ならこちら

横浜で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

横浜で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら横浜にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

横浜で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして横浜で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

支払い日までに、債務の返済金が工面できなくなってくると、現実的に債務整理を考えるというケースは少なくありません。

踏み倒すつもりはないけれど、結局は延滞状態に陥ってしまうケースは、よくあります。

弁護士の無料相談などを利用して、もう返済の可能性がないということになれば、債務整理をするしかないでしょう。

返済が未納のあいだは取り立てが繰り返されているでしょうし、本人も辛い気持ちになることは間違いないでしょう。

ですから、追い詰められる前に行動するようにしてください。

もし、債務整理を行っても、債務者以外の家族に問題が生じる点については、心配いりません。

家族が所有している資産や財産はそのままですし、ローンが組めなくなったりするなどという心配はありません。

けれども、借金の保証人が家族になっているケースでは異なることを覚えておいてください。

こういったケースでは、保証人になっている家族が債務者の返済義務をすべて負うことになりますから、家族にも大きな影響が及ぶと言えます。

任意整理を行う場合、特定の債権者を債務整理の対象から外して債務を処分できます。

それゆえ、携帯電話会社を債務整理の対象外に指定すれば、携帯電話が債務整理で処分される可能性はありません。

新規契約や機種変更も制限はかかりませんが、分割で支払うことは難しくなるため、機種代は購入時に一括で払わなければなりません。

ですが、これまでに携帯電話の料金が未納になっているのなら、こういう訳にはいきません。


最近では任意整理をするときは、受任通知を送付してから手続き終了までの間、司法書士や弁護士事務所などに一定額のお金を毎月積み立てることが少なくありません。

積立金の第一の使途は弁護士報酬です。

手続きが始まると貸金業者等に対しての債務の返済が一時停止の状態になるので、本来返す予定のお金で積立を行い、減額交渉の折り合いがついた際に成功報酬として弁護士事務所等に支払い、残った分は債務の返済に充当するわけです。

これ以上ローンの返済が難しい状態になり、個人再生や任意整理といった手続きに踏み切る場合、マンションやアパートといった賃貸物件に住み続けるなら、月々の家賃は無視できません。

もし家賃の安いところへ転居したとしても、債務整理で残った借金と共に月々の固定支出となることは避けられないからです。

ですから債務整理を依頼する際に窓口の人か、担当してくれる弁護士なり司法書士に話しておくと良いでしょう。

勇気を出して決めた債務整理なのに、弁護士(司法書士)の仕事に進捗が見られず、依頼をやめて別のところへ頼みたい場合は、相手の方から降りない限りは、こちらから解任する必要があります。

解任せずに債務整理を別のところへ頼んでしまうと、介入通知を債権者に二度送付することになり、要らぬトラブルを招き、悩みの種が増えるだけです。

ですから、古い依頼の方はきちんと解任手続きをとった上で、ほかのところに依頼してください。


任意整理と民事再生は、いずれも債務整理をする手段の一つです。

その差というのは、元金が減額されることがあるかないかです。

任意整理では債権者と債務者の話し合いで将来利息を免除して返済総額が決められ、月ごとの返済をしていく方法で、一般に元金が減ることはありません。

それに対し、民事再生ではまず裁判所に返済計画を提出し、それが認められた場合に、元金が減額され、残っている金額の返済を行うことになります。

今では貸金業法に基づき、年収の三分の一を超える貸付は出来ないという総量規制があります。

と言っても、総量規制が取り決められる以前に三分の一を上回る借金を抱えた人もいるはずです。

それから、銀行からの借入は貸金業とは異なり総量規制に引っ掛からないことで、知らぬ間に年収を凌駕するような借金にまでなっているような場合も少なくありません。

そのような状況ですと返済するのも甘くないでしょうから、債務整理を勘案するべきです。

通称ブラックリスト入り(信用情報機関に事故情報が記載されること)と、自己破産や個人再生においては個人情報が官報上に書かれてしまうことが債務整理をすることによるマイナス面と言えるでしょう。

とは言え、ある程度の期間の後に事故情報は抹消されますし、日頃から官報を確認しているような人はほとんどいません。

それから、もし保証人がいるならばその人に多大な迷惑がかかるかもしれません。