米沢 借金解決 無料相談

MENU

米沢で借金解決の無料相談ならこちら

米沢で借金解決の無料相談ならこちらから。

 

米沢で借金解決の道を探しているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道になります。

 

このサイトで紹介している法律事務所なら米沢にも対応していますし、匿名無料で借金問題の相談ができます。
まずは自分の借金の状況を把握するためにも、借金解決の道を見つける為にも、ここから一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

 

米沢で借金解決の無料相談をしたい」という場合は、上で紹介している法律事務所に相談をしてあなたの状況にぴったりな借金解決方法を教えてもらって下さい。

 

実名や住所を入力する必要がないので家族や会社にも内緒で診断ができます。
あなたの明るい未来の為にも弁護士に無料相談をして米沢で借金解決の道を見つけましょう。

 

 

債務整理コラム

もし過払い金が発生していたら、借金を帳消しにできるかもしれません。

過払い金とは、借金の返済の際に余分に払った利息のことです。

最近まで20%を超える違法な高金利で融資をするような業者がたくさんありましたから、ここでお金を借りていた人は法定外の利息を払わされていたことになります。

これが過払い金と呼ばれるものです。

過払い金を請求して返してもらえば、今の借金の返済に充てることができるでしょう。

ご存知のように、債務整理をするとブラックリストに名前が載りますが、任意整理ならば住宅ローンやその他のローンも組めるかもしれません。

支払いの意思を放棄しない任意整理の場合、官報などに氏名や住所が載る心配もありません。

仮に、過払い金が発生していたら、返還してもらった過払い金額によっては、借金を完済できる可能性もあり、該当者は特にブラックとして問題になる不安はなくなります。

債務整理を行うなら、専門家にお願いすることが一般的です。

タダというわけにはいかないので、お金を用意できなければ依頼できないと思っている方も多いようです。

このような方に知って頂きたいのですが、こうした依頼料は債務整理後に分割払いなどで払うことが可能です。

金銭的な余裕のない依頼時に、まとめて請求されることはありません。

ですから、金銭的な心配はあまり必要ないでしょう。


たしかに初めてなら無料で相談に乗ってもらえますが、本当に債務整理の手続きを進めるためには、手始めに着手金を払わなければなりません。

金額は決まっていませんので、依頼先によって差はあります。

また、自己破産と個人再生のように裁判所を通す手続きでは、手続き終了時の報酬についても先に確定していることが多いのですが、弁護士を通して減額交渉する任意整理の場合は、減額内容によって成功報酬はかなり変化します。

勇気を出して決めた債務整理なのに、弁護士(司法書士)の仕事に進捗が見られず、依頼そのものをなくしたい時は、よく契約でいう「解約」の代わりに「解任」の手続きが不可欠です。

簡単な手続きですが、うっかり見落としてほかの弁護士等と委任契約してしまうと、介入通知を債権者に二度送付することになり、トラブルを招きかねません。

解任手続きは難しいことではありませんから、必ず解任し、あらためて新しい依頼をするようにしましょう。

どういった債務整理を依頼するにも、費用は発生します。

手始めに着手金、交渉が合意に達したり裁判で結果が出たときの成功報酬、印紙や交通費、切手代などの実費です。

また、任意整理を選択した際は報酬は減額幅によって違い、同じ成功報酬制でも個人再生は、成功報酬は先に決めるというシステムです。

それから自己破産を行ったときは、免責許可を裁判所からもらえたら規定の成功報酬を払うことになります。


いくら自己破産が借金全てを清算できると言っても、免責されないものも存在します。

債務整理が準拠する法律が破産法ですが、その中で定められた非免責事項については支払義務がなくなることはありません。

代表的なものとしては各種税金、養育費、罰金などがあります。

一方、同じように考えてしまいそうになるのですが、非免責事項に養育費は含まれていますが、なぜか離婚の時の慰謝料は免責されるケースも見られます。

債務整理には、借金を債権者に返済し終えている時に過剰に支払っていた利息を返還請求できる「過払い金返還請求」があります。

この返還請求をするには事前準備として取引履歴と当時の借金の明細を確認できる書類がなくてはいけません。

これまでの取引履歴を確認することにより、適正な利息を算定することができるので、不要だった分の利息をを返還請求することが認められます。

任意整理によって債務整理をする時は、債権者が交渉を拒むこともなくはありません。

任意整理は間に司法が入ることなく交渉を当事者同士が行い決定された返済額や期間で返済していく方法になります。

司法の介在がないという意味は、債権者が交渉に応じなければならない法的な義務は存在しないという事に変わりありません。

したがって、もし返済を一度もしたことがなかったり、著しく債権者に不利益となっている場合は和解が成立しない事も考えられます。